健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > ギャバ(GABA)

ギャバ(GABA)

ギャバ(GABA)とは

植物や動物、わたしたちの体内にも広く存在する、天然アミノ酸のひとつ。γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略して、ギャバ(GABA)と呼ばれている。

アミノ酸といえばタンパク質を構成するものが有名ですが、それらとは異なり、ギャバは主に脳や脊髄で「抑制性の神経伝達物質」として働いていて、興奮を鎮めたり、リラックスをもたらしたりする役割を果たしている。

現代社会はストレスがいっぱいで、体内にあるギャバ(GABA)は、ストレスを和らげるために使われて、常に不足しやすい状態になっている。本来なら、ギャバ(GABA)は体内で十分な量が作り出されるが、ストレスにさらされていたり、高齢になってくると、体内のギャバ(GABA)量が少なくなる傾向がある。ギャバ(GABA)が不足すると、興奮系の神経伝達物質が過剰に分泌するのを抑えることができなくなり、リラックスできずに精神的な緊張感が続いてしまう。

目安として、1回に30mg以上、より機能を実感されたい場合は、50~100mgのギャバ(GABA)を食品やサプリメントから摂取することで、ストレス?軽減などの効果が期待できると考えられている。よく知られているのは発芽玄米で、100g中に10mgのギャバが含まれています。これは実に白米に含まれるギャバ(GABA)の約10倍にあたる量。このほかにも、トマト、なす、アスパラガスかぼちゃ、きゅうり、メロン、みかんなどの野菜や果物、漬物、キムチなどの一部の発酵食品に、ギャバが多く含まれている。

最近では、キムチからギャバを効率よく生産できる乳酸菌が発見され、それを利用して、チョコレートや飴、コーヒーや醤油など、ギャバを添加した多くの食品が開発、販売されるようになってきている。

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > ギャバ(GABA)

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.