健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > クエン酸

クエン酸

クエン酸とは

もろみ、黒、食、梅干、柑橘類(レモン、グレープフルーツ、オレンジなど)に含まれる有機酸で、無色または白色の結晶粉末である。数ある有機酸の中でも最高に美味しい酸味で、焼き魚に柑橘類の果汁をかけたり、焼酎の水割りに梅や柑橘類を入れたり、清涼飲料水などにも加えられたりしている。

古くから体に良いと言われてきたもので、現代人の酸性に傾きやすい体を、弱アルカリに保つ効果があり。、細胞内のクエン酸サイクルと呼ばれる機能を効率よく働かせ、そのことで新陳代謝を活発にし、肉体疲労やストレスなどでできる疲労物質「乳酸」を減少させる働きをする。

クエン酸健康法は、大昔から実践されております。 クエン酸を多く含む柑橘類、梅は古来より健康食として利用されており、古くから食薬として疲労回復、老化予防、整腸作用(下痢便秘)に利用されてきた。

関連用語

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、ケータイでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がケータイで読める様になりました!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > クエン酸

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2009 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.