健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > コラーゲン

コラーゲン

コラーゲンとは

コラーゲンは、からだの中で皮ふや骨、軟骨、腱、血管などに多く含まれるタンパク質である。体内には体重の約16%(体重60kgの人で約10kg)のタンパク質があるが、その約30%がコラーゲン(体重の約5%)。

コラーゲンの主な役割は、からだの各組織がバラバラにならないように支持することで、また水分を保持し、からだが干からびないようにする役割も担っている。さらに、3本の鎖状の繊維が「らせん状」に絡まった特殊な構造をしていて、バネのように伸び縮みするので、肌のツヤとハリが保たれ、骨にしなやかさと強度が生まれる。もし、コラーゲンが人間のからだになかったら、皮ふはボロボロになり、すぐに骨折したり、血管から血液が染みだしたり、とても人間の形を保つことができなくなってしまうのである。

コラーゲンは体を形成する接着剤。コラーゲンは皮膚の表面から0.1mmほど入った真皮層にある繊維状のもので、高齢者と若者では、その数はかなりの差があり、コラーゲンの減少が皮膚のたるみやシワの原因のひとつと考えられている。

また、関節でもコラーゲンは重要な働きをしており、関節が滑らかに動くのは軟骨の働きによるものだが、この軟骨の主なものがコラーゲン。人間の体の中でコラーゲンが多く含まれているのが骨、コラーゲンカルシウム同士を結びつけ、骨を作る土台となっている。

コラーゲンは真皮層に作られ、皮膚の内側からリフトアップする役割も果たしている。保湿力が強いので、コラーゲンの豊富な肌はみずみずしく、ハリがある。逆にコラーゲンが不足すると皮膚を支えきれずに落ち込んでいき、シワを作る原因になる。また、保湿力も落ちるため、カサカサに荒れてしまう。

骨や健康維持も損なわれますので、これらの症状を改善、予防するため、積極的な摂取が必要とされる。ただ、最新の研究では、ヒアルロン酸の減少が、コラーゲンの形成になんらかの影響を与えているということもわかってきている。

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、ケータイでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がケータイで読める様になりました!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > コラーゲン

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2009 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.