健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > コンドロイチン

コンドロイチン

コンドロイチンとは

原料には、サメの軟骨・牛の軟骨が用おり、体内ではタンパク質と結びついて、主に皮膚・血管壁・軟骨・靱帯・関節・眼球・角膜・粘液・各臓器に分布している。関節軟骨の成分の27~43%を占め、関節・靱帯・腱の弾力性・円滑性を保持するなどの様々な働きがある。しかし、若い成長期には体内でも生合成されるが、加齢とともに産生されなくなる。グルコサミンコンドロイチンを一緒に摂取する事により、プロテオグリカン、コラーゲン、関節液などの生成を促進し、同時に軟骨細胞を破壊する酵素の活動を妨げることができる。

コンドロイチンは軟骨を分解する酵素の活動を妨げ、軟骨が崩れるのを防ぎ、新しい軟骨の材料となるプロテオグリカンやコラーゲンの生成を促進する働きもある。また、プロテオグリカンに水分を引き寄せるという重要な働きをし、軟骨には血管がないため、プロテオグリカンに入ってくる液体から、栄養分を摂り、プロテオグリカンから老廃物を排出している。

水分を呼び込む以外に、コンドロイチンは次のような働きもします。

・軟骨を分解する酵素の活動を妨げ、軟骨の不必要な取り崩しを防ぐ。
・軟骨への栄養補給を邪魔しようとする酵素をとめる。
・新しい軟骨の材料となるプロテオグリカン、グリコサミノグリカン、コラーゲンの生成を促す。
グルコサミンと協働する。

コンドロイチンが軟骨基質の一つであることははっきりしている。また、経口摂取したコンドロイチンが血液中を移行することもほぼわかっている。が、滑膜や関節液を経て関節軟骨に届き、軟骨の合成を促進するかどうかは証明されてないという。

コンドロイチンが十分にあれば、関節やアキレス腱、心臓の弁膜(べんまく)、角膜といった組織の細胞が活性化されます。さらに再生しながら損傷や老化を防いでくれるという効果も期待できるが、年齢を重ねると体内での合成能力が落ちるため、健康食品からの補給が欠かせない。

コンドロイチンを摂取すれば、ひざ痛をはじめとする関節炎や変形性関節症を改善できます。肌の保湿効果、更年期の不快症状の緩和、生活習慣病の予防などにも効果的である。

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > コンドロイチン

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.