健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > にんにく卵黄

にんにく卵黄

にんにく卵黄とは

にんにくと卵黄のみを長時間釜で入り上げる事によって得られる商品。

にんにくが持つ多くの効能が、特有の臭いと刺激の素であるアリシンに由来しているため、アリシンと卵黄のタンパク質を結合させる事により効能を損なうことなく、臭味のみを封じ込め、毎日の健康管理に活用できるようにしたものが、「にんにく卵黄」。

●アリシンについて

<アリシンとは> にんにくは本来無味無臭ですが、切ったり、潰したりすることによって空気に触れ、にんにく内のアリイン(無臭成分)がアリシンに変化し、特有の臭いと強烈な刺激が発生する。この臭いの素であるアリシンがにんにくの効能の由来となっている。

リシンの効能
○アリシン+ビタミンB1=アリチアミン ご飯やパンなどの炭水化物がブドウ糖に変わり、エネルギー源になることを糖代謝といい、糖代謝を助けるものがビタミンB1ビタミンB1は体内の吸収率が極めて低い欠点があるが、アリシンビタミンB1が結びつくとアリチアミンというビタミンB1と同じ働きをする物質になり、活性持続型ビタミンと呼ばれるものになる。アリチアミンは吸収率も100%に近くなり、血液中に保存されるので必要に応じて使用できる。

○強精・強壮、疲労回復
にんにくに含まれるアミノ酸のリジンは精液に多く含まれている物質で、アリチアミンが神経組織を刺激し、精力を高めるアセルコリンの分泌を促し、精液の量を増やし精子の活動を活発にする。アリチアミンは普通のビタミンB1よりも吸収力、貯蔵力が優れ、スタミナ増強、疲労回復に抜群の効果を発揮する。また、アリシンはホルモン分泌を盛んにする作用があり、女性の更年期障害に優れた効果がある。

○老化防止と美容
にんにくのアリシンは脂質と結合して、「脂質アリシン」となり、ビタミンEと同じ働きをする。ビタミンEは血管内の老廃物を取り除き血液をきれいにし、赤血球を増やして、血管自体を若々しく保つ働きがあり、若返りのビタミンと呼ばれている。よって、細胞の[[老化防止、肌を美しくする効果も大きいといわれている。

○ホメオスターシスの向上
リシン、アリチアミンは脳の中枢神経や手足の末梢神経を正常に働かせ精神を安定させる効果や血行をよくし、身体を温めてくれる効果もある。よって、体温、血圧などからだの生理機能を一定に保とうとする機能であるホメオスターシスが向上する。この機能を維持、強化することで病気になりにくくなり、病気になっても回復が早くなる。

関連用語

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > にんにく卵黄

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.