健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは

体内のいたるところに存在する多糖類。関節液、眼球硝子体、皮膚、へその緒(臍帯)、助膜液、血清などに多く含まれる。多量の水と結合して粘りのあるゲル状となり、組織構造の維持や細菌・毒物の侵入を防御する。

肌のキメを細かくしたりアトピーの改善、大人にきび、しわ、たるみ、保湿、乾燥肌、敏感肌、関節痛などに効果がある。医薬品の主原料としても使用されている。

また、ヒアルロン酸は6000倍もの水分をジェル化する能力があり真皮に多く存在し赤ちゃんの肌のようにお肌のみずみずしさを増加させ、また、保水力に優れており、皮膚の潤いを保つ化粧水、スキンクリーム、入浴剤などにも使用されている。

年齢とともに体内のヒアルロン酸量は減少し、しわを悪化させる原因の一つにもなる。肌に含まれるヒアルロン酸量だけをみても大人は子供の1/20くらいにまで減ってしまう。
ヒアルロン酸が減ると、水分維持が難しくなり肌のしわやたるみが目立ちはじめ、コラーゲンビタミンCを補給してもヒアルロン酸が不足していては、肌の保湿やハリは回復できない。

ヒアルロン酸の摂取によって正常な角質層を形成することで、炎症などのトラブルの少ないお肌を手に入れることが可能になる。

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > ヒアルロン酸

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.