健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > フィチン酸

フィチン酸

フィチン酸とは

フィチン酸は別名「イノシトール6リン酸(IP6)」とも言われ、植物類のほとんどに含まれる天然成分。米穀類や種子に多く含まれ、玄米や米ぬかに含まれるものが、特に有名。

フィチン酸は金属イオン類を取り囲み、強力な抗酸化作用の働きで活性酸素の発生を抑制し、結果としてガン()を予防、抑制すると研究されている。

美容や健康のために玄米や米ぬかを利用する背景には、このフィチン酸の有効性を期待したものによると思われている。

一方で、リン酸を主成分としたフィチン酸には、鉄分カルシウムなどの必須ミネラル成分と強く結合(キレート作用)し、その吸収を阻害することも判明している。
健康のため、玄米食を主とされている方に色黒く、やつれた方がいらっしゃるのは、フィチン酸の作用によるミネラル欠乏症ではないかと考えられている。

フィチン酸はもともと、金属イオンなどと、固く結びついた状態にある。このままの摂取では、これらの有効成分は体内を素通りするだけで、何の効果も期待できない。そのうえ、体内に蓄えたミネラルまで吸着してしまうため、逆効果にもなりかねない。

フィチン酸の問題を解決したのが、発芽のメカニズムを利用した、発芽玄米。新芽を発芽させることで「フィターゼ」という酵素を働かせ、フィチン酸ミネラル成分が分解して独立。それぞれが、体内に吸収されやすい姿に変貌する。 フィチン酸の中の必要な有効性のみを利用するには、玄米よりも発芽玄米なのである。

フィチン酸の有効性は、表裏一体。 玄米でのフィチン酸摂取は、即効性のある劇薬の様なもので、たまに利用するにはたいへん有効だが、毎日では、かえって健康を損ないかねない。

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > フィチン酸

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.