健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > 共役リノール酸

共役リノール酸

共役リノール酸とは

脂肪酸の一種。肉類・乳製品・食物油脂などに含まれている成分ですが微量しか存在しない栄養成分。苦瓜(にがうり・ゴーヤ)の種やワタにも含まれている。リノール酸から数%だけ取れる成分だが、リノール酸とはまったく異なった働きをする。

共役リノール酸の特徴と作用

脂肪の代謝だけを促進し筋肉を痩せさせない。カラダに脂肪を、取り込み難くする効果と同時に体脂肪を分解・燃焼しやすくする。脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを活発にし、脂肪を遊離脂肪酸に分解する作用を促進する。その上、分解された脂肪が再度[[脂肪に戻るのを妨ぐ働きがあるそうです。

・肥満防止ダイエット効果
・脂肪燃焼、体脂肪減少
・抗がん作用

生活習慣病の予防免疫を高めるなど... 共役リノール酸を利用したダイエット方法

共役リノール酸でのダイエット効果を実感]]するには1日3gぐらいは最低限必要だそう。苦瓜で摂取するには、3~4本分の苦瓜を種ごと食べなければならないことから考えると、苦瓜に含まれている共役リノール酸も微量である事がうかがえます。

共役リノール酸はリパーゼの働きを活発にしてくれるので、運動を行う事で、脂肪は燃焼されやすくなるでしょう。その上、分解された脂肪が、再度脂肪に戻るのを妨ぐ働きがあると考えられているので、運動して燃焼されなかった脂肪が再度脂肪に戻りにくくなると考えられます。

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > 共役リノール酸

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.