健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > アラビノキシラン

アラビノキシラン

アラビノキシランとは

稲や小麦、トウモロコシなどのイネ科植物に多く含まれている免疫調整物質(免疫が持っている本来の力を間接的に呼び覚ます物質)です。

一般の植物には動物のような骨格はありませんが、一つ一つの細胞が強固な壁を持っているために植物の体を支えることができます。この細胞壁を構成している材料の一つが食物繊維の一種であるヘミセルロースと呼ばれる高分子の糖質です。このイネ科植物のヘミセルロースの主成分がアラビノキシランになります。

ヘミセルロースは種子を保護している物質であり、栄養価があるわけでなく、食味を損なうことから除去されるのが一般的です。しかし、米ぬか由来のヘミセルロース?を変性させたアラビノキシランに強力な免疫強化作用があることがわかりました。

アラビノキシランは自然界に存在する米ぬかの抽出物であるので、安全性は普通の食品と変わらないぐらいの高いものになります。アラビノキシランの効果・効能として、免疫システムにおけるNK細胞を活性化させることで、ガンなど様々な病気に対する体の抵抗力が高まります。

また食物繊維の一種であるために、腸内の掃除してその機能を整えたり、腸からコレステロールが再吸収されるのを防ぐことで総コレステロール値が高くなりすぎるのを抑えたり、血糖値の上昇を防ぐなどの生活習慣病にも効果があるとされます。

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > 機能性成分 > アラビノキシラン

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.