健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > ビタミン > ビタミンB5

ビタミンB5

ビタミンB5とは

別名パントテン酸。ギリシア語で「どこにでもある」という意味の栄養素で、ビタミンB群の一種。水溶性ビタミン。その名前の由来通り、様々な食べ物に含まれています。エネルギーを生み出し、ストレスへの抵抗力効果がある。

副腎の働きを促進させ、副腎皮質ホルモンというホルモンの生成を促進することにより、ストレス抵抗力を身につけることができる栄養素。人間は、ストレスを感じると人体で、副腎が副腎皮質ホルモンを作り出し、体内の血糖値を上昇させ、それに対応するエネルギーを作り出しストレスに対応しようとするのである。

また、パントテン酸にはビタミンB6葉酸と同様に免疫力強化に働くほか、コレステロールのうち、善玉コレステロールを増加させる効果があり、自立神経伝達物質をつくるのに必要不可欠な栄養素の一つでもある。

不足すると、抵抗力が低下して、風邪などの感染症にかかりやすくなり、また、パントテン酸欠乏症の代表格として、血圧が下がる、動脈硬化などが進むといった症状が見られる。また自律神経に関わる部分のため、欠乏により怒りっぽくなったり、胃が弱くなる、手足のしびれなどの症状が報告されている。

ビタミンB5を多く含む食品としてレバーのほか、カレイ、ニジマス、たらこなどがある。

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > ビタミン > ビタミンB5

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.