健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > ビタミン > ビタミンB6

ビタミンB6

ビタミンB6とは

別名ピリドキシン、ピリドキサール、ピキドキサミン。皮膚炎の予防に効果があるとされるビタミンタンパク質の代謝を司っており、タンパク質摂取が多いほど、ビタミンB6の必要摂取量も増えていく。

具体的な作用として、人は「タンパク質」を分解し、人体に必要な形で再合成し利用しやすいアミノ酸に生成する。その中で一部のアミノ酸の合成をサポートするのが、主な役割である。
特に、髪の毛や皮膚、歯を健康にする効果や成長を促進する効果があるほか、神経の働きを正常に保つ効果がある。さらに、神経伝達物質の合成にかかわり刺激の抑制にはたらくインスリンの合成に関する効果が期待できる。

欠乏すると、皮膚炎、口内炎、湿疹やじんましんといった症状があらわれる。また、脂質を多く摂取する人はには脂肪肝になりやすくなったり、胃や腸がただれるといったアレルギー症状が出やすくなるなどのビタミンB6欠乏症が発生する。そのほか、末梢神経にビタミンB6が関与している事から、足がつったり、手足がしびれやすくなるといった欠乏症の症状も報告されている。

過剰摂取した場合、水溶性の[[ビタミンのため、尿などと一緒に体外に排出されるので、過剰摂取による毒性は知られていない。ただし、一日に過剰に摂取しすぎた場合、神経系に障害を与えるおそれがあるという報告もあがっている。

ビタミンB6を多く含む食品としてかつお、まぐろ、さけ、サンマといった魚類のほか、サツマイモ、バナナなどの果物や野菜などにも含まれている。
ビタミンB6は水溶性ビタミンで貯蔵ができないので、毎日摂取したほうがよい。 ビタミンB2が不足すると、ビタミンB6の働きも阻害される為、あわせて摂取したほうがよい。
さらに、ビタミンB6は抗生物質と相性が悪い為、風邪などの症状により抗生物質の処方を受けている場合は、ビタミンB6を普段よりも心がけて多く摂取するようにしたほうがよい。

関連用語

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > ビタミン > ビタミンB6

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.