健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > ビタミン > ビタミンD

ビタミンD

ビタミンDとは

ビタミンの一種であり、脂溶性ビタミンに分類される。ビタミンDはさらにビタミンD2(エルゴカルシフェロール)とビタミンD3(コレカルシフェロール)に分けられる。ビタミンD2は植物に、ビタミンD3は動物に多く含まれ、ヒトではビタミンD3が重要な働きを果たしている。ちなみにビタミンD1はビタミンD2を主成分とする混合物に対して誤って与えられた名称であるため、現在は用いられない。

骨の原料であるカルシウムやリンの吸収促進やサポートする効果があり、太陽を浴びる事でも生成されるビタミン

主な効果としては、カルシウムの調整役として骨の形成や成長を促すのが仕事。通常日本人の場合、太陽の日光を浴びる事でビタミンDが体内で合成されるので不足する事はないが、骨の形成期である幼児などに対しては、不足しないように注意したほうがよい。

幼児の場合、ビタミンD欠乏による「くる病」が心配になる。大人の場合「骨軟化症」になるといわれている。また、閉経後の女性の場合は骨粗鬆症のリスクも高まりやすい。

乳幼児がビタミンDを大量に摂取すると、血管や臓器にカルシウムが沈着し、毒性があらわれるという恐れもあるので、注意が必要。過剰摂取の目安は50μgとされている。

ビタミンDの一日の目安量は大人5μg、幼児は3-4μgとされている。ただし、食事においてはあまり神経質にならなくても、きくらげやしいたけなどビタミンDを多く含む食材を適度に摂取していれば問題はないだろう。

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > ビタミン > ビタミンD

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.