健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > ビタミン > ビタミンK

ビタミンK

ビタミンKとは

別名フィロキノン、メナキノン。緑黄色野菜や納豆に多く含まれる脂溶性のビタミン。出血時の血液凝固効果、骨の形成に役立つビタミン。なお、ビタミンKには、ビタミンK1、ビタミンK2の二種類がある。

血液は体内にあるときは、スムーズにそして体外に出血すると凝固するという働きがある。ビタミンKはその両方のバランスをとる作用があり、また、カルシウムが骨から溶け出すのを防ぐ役割も担っており、ビタミンDの骨形成、ビタミンKの骨保護という役割分担ができている。

人で不足する可能性はほぼない。ただし、不足してしまうと骨に十分な量の[[カルシウムが取り込まれないので、骨粗鬆症などのリスクが高まる。また、新生児でこのビタミンKが不足した場合は脳内出血症なども報告されている。(近年は新生児にビタミンKシロップを飲ませるので、この危険性は意識しなくてもOK)その他、怪我をしたときに血が止まりにくくなったり、軽い打撲でもあざができやすいなどの症状が見られるときはビタミンK不足を疑ったほうがよい。

推奨量の50倍以上を摂取すると副作用が現れたケースがある。逆に、血栓症の方や血液抗凝固剤の服用をしている方はビタミンKの摂取制限がある場合もありますので、医師に相談したほうがよい。

緑黄色野菜や納豆などを定期的に摂取していればビタミンK不足になることはない。成人のビタミンK摂取目安は男性75-80μg、女性60-65μgとされている。

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > ビタミン > ビタミンK

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.