健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > ビタミン > ビタミンA

ビタミンA

ビタミンAとは

一番最初に発見されたビタミンで、動物性の食品に含まれる「レチノール」と植物性の食品に含まれる「βカロチン」の二種類があり、それぞれビタミンAに分解される。目と粘膜に重要な効果を果たすほか、がんの予防効果も期待される。

作用は前進におよび、皮膚、目(角膜・粘膜)、口腔、気管支、肺、胃腸、膀胱、子宮などの上皮組織に働き粘膜を健康に保つ効果がある。特に、目の網膜に存在し、光の明暗を感じる「ロドプシン」と呼ばれる物質はビタミンAタンパク質でできており、ビタミンAは色を見る力にも関わってくる。

その他、ビタミンAを十分に摂取する事により発がんを抑制する効果が分かっているほか、成長の促進や生殖器の維持などの重要な役割を果たす。

不足すると、粘膜が乾燥し、肌の調子が悪くなるほか、暗いところで目が見えにくくなるなどの症状が現れます。また、髪の毛が抜けやすくなったり、爪がもろくなるなどの症状も引き起こします。

基となるレチノールとβカロチンについてですが、βカロチンには過剰摂取による弊害はない。しかしレチノールの場合、過剰に摂取すると頭痛の原因となったり、吐き気や発疹、疲労感などの過剰作用が起こる例が報告されている。

ビタミンAを多く含む食品として鳥や豚のレバー、うなぎ、ほうれんそう、ニンジンなどが挙げられる。レバーに含まれるのはレチノールで、過剰症もありえますので、毎日多量に摂取するのは控えたほうがよい。 βカロチンの場合は油と一緒に摂取する事で吸収率が上昇しますので、緑黄色野菜を調理する場合はいためるようにすると良い。

関連用語

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > ビタミン > ビタミンA

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.