健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > カルシウム

カルシウム

カルシウムとは

カルシウムはおよそ体重の2%含まれ、50kgの体重の人なら約1kgのカルシウムが身体にある。そのうちの約99%(約990g)は骨にあり、残りの 1%(約10g)は血液中や細胞に存在します。ちなみに、血液中のカルシウム濃度は9~10mg/dlに保たれています。

カルシウムは骨をつくるだけでなく、血液中や脳、心臓などにも存在しています。
一方で、毎日なにも食べなくても、カルシウムの量は1日300~600mg くらいは尿や便となって体外へ出てしまいます。それなのにも関わらず、血液中のカルシウム濃度9~10mg/dlに保たれるようになっているので、足りないカルシウムは骨から、血液中に戻されます。
そのため、カルシウムが慢性的に不足すると骨の主成分であるカルシウムが減るので、骨がすかすかの軽石のような状態(骨粗鬆症)になってしまいます。
その他にも、細胞膜の透過性調節、血統の運動神経、筋肉の興奮、白血球の活動、細胞分製一、電気的な興奮、ホルモン分泌、情報伝達など数え切れないほど多くの作用に関与していますので、体内カルシウムの分布率のバランス(これをカルシウムバランスという)が崩れてしまうと、さまざまな慢性的な生活習慣病が発生します。
このバランス維持のために他のミネラルが相互作用し、エネルギーやいくつかのホルモンを動員することになります。
カルシウム不足になると筋肉がけいれんしたり、イライラしやすくなりますが、それは、大脳皮質の「神経伝達物質放出のスイッチを入れる」という役割に混乱がおき、情報伝達に支障が起こるからです。この状態が長く続くと記憶力の低下などを招くことになります。

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康食品 > カルシウム

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.