健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 自然食品 > 海藻類 > フコイダン

フコイダン

フコイダンとは

モズク、メカブや昆布などの海藻類に含まれるヌルヌルとした成分の中にある多糖類の事を言い、ヌルヌルとした成分にはアルギン酸、ラミニンなどが含まれているという意味で注目を浴びている。アルギン酸、ラミニンには、コレステロール吸収の抑制作用、血圧降下作用などもあると判ってきている。

また、1996年・第55回日本学界にて「フコイダンの抗ガン作用の研究報告」が発表され、中でも他の正常細胞に影響を与えず、[[細胞(異常細胞)だけを自滅させる働き「アポトーシス(Apoptosis)誘導作用」という内容で脚光を浴び、医学的メカニズムもほぼ解明されてきている。さらに、全世界において100種類以上の論文も発表されており、ガン治療の中で今一番注目されている代替医療であると言えるはずである。

フコイダンの特徴
フコイダンに関して現在いわれている作用は大きくわけて3つあります。
1.細胞の自滅誘導作用、いわゆるアポトーシス誘導作用。
2.新生血管抑制作用、これはいわゆる腫瘍の兵糧攻め。
3.免疫強化作用、これは細胞と戦う正常細胞、マクロファージやNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる。

関連用語

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 自然食品 > 海藻類 > フコイダン

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.