健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 病気・症状 > 生活習慣病 > 骨粗鬆症(骨粗しょう症)

骨粗鬆症(骨粗しょう症)

骨の量が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気。古くは古代エジプト文明時代からある病気だが、近年寿命が延び、高齢者人口が増えてきたため、特に問題になってきている。
日本では、約1,000万人の患者さんがいるといわれており、高齢者人口の増加に伴ってその数は増える傾向にある。
骨の構造から見ると、皮質骨よりも海綿骨で骨の量の減少が明らか。海綿骨の量が減ると、複雑にからみあったジャングルジムのような網目構造がくずれて、あちこちでジャングルジムの「棒」(骨梁:こつりょうという)がなくなっていくので、骨が弱くなる。
骨が弱くなると、ちょっとしたことで骨折しやすくなる。

骨粗鬆症骨粗しょう症)の原因
1.  加齢による骨量の減少
2.  カルシウムの摂取不足
3.  女性ホルモンの欠乏
4.  ビタミンD不足
5.  その他
喫煙、飲酒、カフェイン・食塩・糖分の摂りすぎや過度のストレスも腸でのカルシウム吸収を妨げる。

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 病気・症状 > 生活習慣病 > 骨粗鬆症(骨粗しょう症)

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.