健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 病気・症状 > 生活習慣病 > 虫歯

虫歯

 虫歯とは、歯のエナメル質(表面の硬いところ)が歯垢の中にある細菌によって侵されることで進行が始まり、細菌のために歯の表面に穴があく病気。

一般的に歯のある人の口の中には、300種類以上の細菌が数千億匹いると言われている。食後しばらくしてから歯の表面を爪などでこすると、白いもの(歯垢=プラーク)がとれる。これは単なる「食べカス」ではなく、口の中の細菌とその細菌が出す排泄物の塊。この歯垢1mg中には一億匹以上の細菌が存在し、その細菌が歯を溶かす酸を作り出す。歯垢を構成する細菌の中でも、特にミュータンス菌はう蝕発生の原因菌(虫歯菌)と考えられる。

 むし歯の進行は、ミュータンス菌が糖分と結びつき、グルカンとよばれる物質と乳酸を作ることから始まる。グルカンは歯にベタベタと歯垢を付着させて細菌の住家を作り、乳酸は歯の表面のエナメル質を溶かしていく。そして、更に歯の表面のエナメル質から徐々に内側の象牙質、そして歯髄(歯の神経)へと進行していく。

虫歯は「どんなに頑張って歯磨きをしても出来てしまうもの」ではなく、しっかりと予防を行えば、「確実に予防ができる病気」でもある。

関連用語

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 病気・症状 > 生活習慣病 > 虫歯

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2018 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.