健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 病気・症状 > 生活習慣病 > 循環器病(心臓病や脳血管の病気)

循環器病(心臓病や脳血管の病気)

血液には全身の臓器の活動を支える酸素や栄養、臓器の活動の結果生じる炭酸ガスや老廃物、臓器の機能や成長を調節するホルモンなどが含まれている。また、外部から侵入した細菌などの異物を認識し攻撃する白血球も血液の重要な成分。

この血液を全身くまなく循環させるシステムを「循環系」と呼び、血液を送り出し回収するポンプである心臓や、血液を運搬する経路である血管など、循環系の働きに密接に関係する臓器を「循環器」と呼ぶ。

循環系は単に血液を循環させるだけでなく、身体の状況に応じて適切な量の血液を適切な臓器に分配する役割を担っている。たとえば運動を行う時には、肺への血液を増加させて多くの酸素を取りいれ、大量の酸素を消費する四肢の筋肉や心臓に、より多くの血液を供給し、しかも脳への血液も十分に保たなければならない。食事に際しては消化系臓器の運動や水分・栄養の吸収を助けるために、多くの血液を胃や腸に供給しなければならない。このような調節は自律神経やホルモンの働きによるもので、循環器以外の臓器の働きにも依存している。最近の研究によれば、心臓自体も循環の調節に関係するホルモンを産生したり、血管も自ら血流量を調節する役割を果たすことが知られるようになった。このように複雑な「循環系」の機能が身体の維持に欠くことのできない役割を果たしている。

心臓、血管などの循環器の機能が何らかの原因で破綻し、正常に働かなくなる状態が「循環器病」。また、様々な原因で起こる循環の調節不全も広い意味で循環器病と言える。破綻が起こる場所、破綻の範囲・程度によっては致命的な結果を招くため、的確な診断と治療が重要となる。国立循環器病センターをはじめとする全国の循環器専門診療施設は、この複雑な循環器病循環器病に関連が深い疾患の治療につとめている。

循環器病はいろいろな要因が複雑に絡み合って発症、進展すると考えられている。そのうちの多くの疾患は加齢とともに発症するため「成人病」と呼ばれていたが、発症時期の若年齢化により食事、嗜好品の摂取、生活スタイルなどの「生活習慣」の歪みが大きな要素であることが注目されるようになり、今日では「生活習慣病」と呼ばれるようになる。循環器病を理解した上で生活習慣をチェックし改めることは、循環器病の予防にきわめて有効であると言える。

      
【疾病一覧】
虚血性心疾患
心臓弁膜症
脳卒中
腎不全
胸部大動脈瘤
腹部大動脈瘤
大動脈解離
閉塞性動脈硬化症
閉塞性血栓性血管炎
原発性肺高血圧

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、スマホでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がスマホで読めます!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 病気・症状 > 生活習慣病 > 循環器病(心臓病や脳血管の病気)

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2018 健康美容EXPO[全研本社株式会社]All Rights Reserved.