健康美容用語辞典は、基礎的な健康美容用語から難しい専門用語まで、健康・美容に関連する用語を幅広く収録した用語辞典です。

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康用品・器具 > 治療機器 > ゲルマニウム

ゲルマニウム

ゲルマニウムとは

1885年ドイツの化学者ウインクラーが、銀の鉱石「アルジロダイト」から発見した半導体元素(元素記号「Ge」)で、これまでトランジスターやダイオードの製造など工業用物質の一つとして広く用いられてきました。
しかし、32度以上の温度に接すると、ゲルマニウム原子核の一番外側の起動を周遊している電子の一つがマイナス電子となって外へ飛び出し、増幅・整流するという半導体の電子的性質から、近年医学的にも注目されるようになってきた。

ゲルマニウムを体に貼ると、ゲルマニウム電子が人体の生体電流に接触し、こりや痛みなどの原因となる神経細胞の電位バランスの乱れを正常に戻し、神経細胞を活性化し、体温に反応し血液中で電子の移動を行うゲルマニウム電子は、血液中のpHを正常に保つ働きをする。
その結果、コレステロールなど、血液中の老廃物の排出を助け、血液を浄化し血行を促進。こりや痛みなどの不快症状を取り除くとともに免疫力と自然治癒力をアップし、抗加齢予防にもつながるとされているが、ゲルマニウムが直接そのような効能、効果をもたらすことは医学的に証明されていない。

日本では、薬事法に基づき承認や認証を得た「家庭用磁気治療器」等の医療機器の中に、一部ゲルマニウムを用いているものがあるが、これらはゲルマニウムの治療効果によって承認・認証を得ているものではないため、ゲルマニウム自体が何らかの治療・予防・改善効果をもたらすと標榜することは当該品目の承認・認証内容を逸脱するため認められない。また、ゲルマニウムによる治療・予防・改善効果をうたうことができる医療機器は2008年現在日本国においては認められていない。

健康美容ニュースモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、ケータイでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がケータイで読める様になりました!

健康美容EXPO > 健康美容用語辞典:TOP > 健康用品・器具 > 治療機器 > ゲルマニウム

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2009 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.